FC2ブログ

咳③

昨日は咳き込まないで寝付けたようだった。診察を受けるように勧められたが今日は行かなかった。ただの咳ならいいのだけれど、肺炎になっていると怖いのでやはりレントゲン位はとってもらいたい。まぁパソコンやって元気はあるので大丈夫かなとも思う。対症療法はなるべくしたくないからといって思わぬ落とし穴にはまらないように気をつけたい。

咳②


息子の咳はなかなか良くならない。咳き込みがひどい。いつも風邪を引くと数ヶ月咳を引きずってしまう。3回対面ヒーリングをしてあげたけれど効果は? 1回目と2回目は咳き込んでいたが寝付く事ができた。3回目は駄目だった。結局ヒーラー先生にお願いしようと思う。

友人のお母さん③

友人が介護保険を申請したようだ。そんなものに入らなくてもとは思ったけれど、入れるものは入っておいた方がいいんじゃないのと言っておいた。介護用の手すりの事やベッド、車など色々考えているみたい。介護の要らない体にしてあげるのがベストだと思うのだけれどそちらの方には頭がまわらないみたい。ヒーリングの好転反応が多少あったせいもあるのだろうか。でも血液検査の結果でもとにかくヒーリングの前と後ではかなり良くなっていた。それも全て西洋医学の薬のお陰と思っているのかな。ちょっと落ち込んでしまう。どうも今の私は一般の人の考えとはかなり違うのでもう少し理解する努力が必要なのかも。

息子が風邪をひいていて今日はかなり咳が出たそう。そのくせタバコを吸っている。咳が悪化するといけないのでヒーリングをしようと思うのだけれど咳の場合はやはり胸の辺りを重点的にすれば良いのだろうか。少し試してみて駄目だったらヒーラー先生に頼むことにしようと思う。それにしても早くバイトでも見つけてくれないかな。

ヒーリング

父へのヒーリングは父の調子の良さからここの所正直あまり熱が入っていない。母が包丁で手を切った所が腫れて痛むそう。糖尿があるので少し治り辛いと言っていたので遠隔ヒーリングをしている。犬(ゴンタ)へのヒーリングはどうも駄目だったみたい、というかどうもやる気がいまいち起こらないでいた。
ちょっと前に娘が頭痛でガンガンしていた時は20分位で完全に治ったので少し自信が持てた。

医者が言ってたけれど昔から優等生の方が案外ころっと早く逝ってしまう事もあるけれど私は優等生じゃないから長く生き延びてるみたいな褒められ方をされた。最近はヒーリングもして頂いているのでもっと生き延びられそうで嬉しい。

友人のお母さん②

友人のお母さんのヒーリングを2週間して頂いた。2週間前とは比べ物にならない程改善していた(鼻からチュウブが入っていて尿バックも取り付けられていたが、両方とも取れていた)が、それでもあまり好ましくない日もあるようで友人は不安を隠せないようだった。
ヒーラーの顔が見えない遠隔では信頼できる何かを掴まない限り難しいのかもしれない。一旦ヒーリングはやめて様子を見る事にした。

検査結果

結果は陰性だった。良かった。
医療の改善に力を入れている先生にも会ってきて何だかすっきり。
セカンドオピニオンをもっと気楽にできる社会になってほしい。

変化

最近人の心を感受するアンテナがやはり少し敏感になっているような気がする。姉との会話の途中でもあったし、この間は友人の車に乗った瞬間にわかった事がある。
ここ1.2ヶ月は眉間の辺りが何だか重いように感じられたり、気が流れる感じがあったり、色々な変化がみられる。

手振り

朝昼晩2千回の手振りを毎日したら2ヶ月したらガンが消えたとかの本を読んだ。個人差はあるのだろうけど無料でできるのだから困っている人は試してみるのも良いと思った。「ガンが消えてくれてありがとうございます」とか色々言葉を替えながらするのも楽しそう。

友人のお母さん

友人が遠隔ヒーリングを依頼した。今日はすこし体調が改善しつつあるそう。一喜一憂するのはよくないので結果的によい方向に向かうことを望んでいる。私も参加させてもらう事にした。

生き方

9年前に私の事を5年は大丈夫でしょうと言った医者に会って来た。同じ問題を繰り返すのはあなたがそれを乗り越えていない、生き方を変えていくべきだとのメッセージだと指摘を受けた。確かにそうだと感じた。今まで安保先生や新谷先生の本を読んだり、自分なりに勉強しようとしてきたがまだ同じ事を繰り返している。医者は認めようとはしないが私の場合ガンが消えたりでてきたりしているようだ。ほぼガンに間違いないと言われても小さくなったり、消えたりすればそれはガンではないと言う事になるようだ。
私はガン宣告を受けた人の気持ちがわかる。だからこそやはりヒーラーになって自分の生き方を変えて行かなければと思う。

ヒーリング

友人のお母さんの具合があまり良くならない。私ならすぐにでも遠隔ヒーリングを考えるのだけれど友人の頭にはそんな事はないようだった。もちろんヒーリングを受けて必ず良くなるという補償はどこにもないので無理に勧めるのも良くないかなとは思うが。

検査

膀胱炎の症状がまたでたのでヒーリングを受け辛い症状が無くなり助かった。婦人科へ行きついでに細胞診もして頂いた。先生からおそらく大丈夫でしょうとのお言葉を頂いて一安心。10年位前には12センチあった子宮筋腫の固まりはもう認められなかった。自然療法的なものをあれこれ試した甲斐があった。

ミニバイク

息子のミニバイクが盗まれた。もちろん盗んだ人は後でなんらかのばちがあたるのだろうから、悪い想念をその人に対して放ってほしくないと願った。

膀胱炎

昔から私は膀胱炎になる事がある。昨日膀胱炎の症状が出だして少しずつ辛くなってきた、と思ったら徐々に良くなり症状が治まった。こんなことは初めてなのでヒーリングを受けているからかなと思った。感謝します。
sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる