FC2ブログ

抗がん剤

父に会ってきた。元気そうで、動植物園に行って一万歩も歩いたと言っていた。
抗がん剤の事を頼んできた。父は医者任せでとにかく自分からどうのこうのとは言わないからとの事。ヒーリングの事を言っても理解しづらいかも知れないと思い、気持ちの気を送っている事も話してきた。父にはずっと元気でいてくれてころっと死んでほしいと思っていると話してしまったので、少し誤解が生じてしまったかも知れない。
翌朝姉から「両親にストレスを与えないでね、泣いて大変でした・・」とのメールが届いた。たとえ数値が下がっていても抗がん剤は辞めてもらえそうにもないなと感じた。おそらく母が取り乱したのだと思う。
姉にはずっと遠隔ヒーリングをしてもらっている事を返信しておいた。そして抗がん剤の事に関してはこれ以上何も言わないと約束しておいた。
姉はずっとインターネットでたくさんの事を検索しているので、同じ状況の人がどれだけ調子が悪いかをよく知っている。だからと言ってヒーリングを理解してもらえるかなと考えるのは少し甘いかも知れないが。

妊娠③

妊娠初期の出血は心配事の一つ。今日医者で注射を打たれてしまったそう。心音も確認されたようで無事育ってはいる様子。

検査結果②

父の主治医に検査結果の事を聞いてきた。再発、転移はなかった。肝臓に関しては膿疱や血管腫があったけれど特に問題はないようだった。気功治療を受けているので抗癌剤をストップして様子を見てみたいと申し出たけれど私からの依頼では駄目だった。本人からの申し出で気功治療に専念したいのでストップして下さいとの申し出があるのなら別だそう。しかし今の腫瘍マーカーでは上昇傾向(一回下がっているけれど)にあるのでこの状態で「いいですよ」とは言いにくいそう。しかし腫瘍マーカーが下がり本人の意思で気功治療に専念するので抗癌剤を辞めたいと申し出があればとの提案を下さった。なので頑張って腫瘍マーカーを主治医の言う数値以下にもっていけるよう気を送ってみたい。父にはその数値以下になっていたら抗癌剤をストップしてもらうようにと頼むつもりでいる。
私は毎日父への遠隔ヒーリングをしてきたつもりだけれど私のヒーリングは果たして本当に父に届いていたのだろうかと少し疑問になる。仕事もしているのでいつも片手間にヒーリングをしていた。香功の後はほんの数分しかやらなかったし、通勤途中や家事をしている時などにヒーリングをしていたので、落ち着いた環境ではあまりやってこなかった。先日娘が胃が痛いと言うのでヒーリングをしたら30分程ですっかり良くなったので嬉しかったのだけれど父にはそんなに落ち着いてやる事が少なかったなと反省。でも祈りはきっと届いているような気がする。何処に重点を置いて気を送ったら良いかわからないので自分なりに考えなければ。軟酥の法のように身体全体に送るのがベストなのだろうか。


予約

久しぶりに私のかかりつけ医(消化器科)に行き、血液検査をしてもらいにというか父の事を相談したかったので行ってきた。ここの医者は私の思考をおそらく理解して下さっている。父が今抗がん剤を飲んでいて調子の良い状態であればおそらくずっと抗がん剤は出されるでしょうとのコメントだった。父が言う「肝臓がどうのこうの」がわからないのでやはり父の担当医に直接会って聞いてこようと思う。抗がん剤を止めて様子を見たいと言いに行くつもりでいる。2月の画像検査の時も後で私が説明を聞きに行ったけれど2度手間になるのでご迷惑になっているなと感じてしまうので少し気が重い。予約は今回スムーズに取る事が出来た。

思考

私は自転車通勤しているので雨の日は姉が迎えに来てくれる。以前は父が来ていてくれたのだけれど、危なっかしいからと家族に運転させて貰えないようで父が運転するのは田舎の方だけらしい。娘の結婚式(おそらく2月頃)に父も元気に出席出来るので良かったね。と話していたら姉は当初予定していた11月頃では父はおそらく出席できないだろうと考えていたようだった。姉と私の思考がかなり違う事に驚いた。

妊娠②

娘の妊娠が確定された。7月が予定日。結婚はまだ来年になりそうだからどんな食事を作ってあげたら良いのかわからない事だらけ。とにかく良かった。おめでとう!

検査結果

父に癌が見つかったのは去年の4月。その時点で胃の3分の2が癌に侵されていた。胃全摘、胆のうも切除、手術をしたのが5月。手術後の病理の所見では既にリンパ節転移4ヶ所ありⅢa期だった。8月からヒーリングを依頼した。今年2月に画像検査。肝臓に影があると言うことで4月に再検査。影が見づらくなっていた。転移はなかった。今月(11月)再び検査。転移はなかった。しかし父が言うには「肝臓がどうのこうのと、でも問題はなさそうだ」との曖昧な返答。腫瘍マーカー(少し高め)の所にウルソと記載されていた。4月の時も汁がどうのこうのと言っていたので胆汁の流れが良くないのかもしれない。4月の時点で肝臓を中心にヒーリングして頂くようにお願いすれば良かったと思っている。しかし転移がなく元気でいられる事に本当に感謝している。抗がん剤はまた出されてしまった。少し父に文句を言ってきた。本人は「抗がん剤を飲んでも何ともないから」と言うけれど。何ともなければ良いと言うものじゃなくてこっちの苦労も分かってほしいと言いたい所だけれど。ヒーラー先生にはご迷惑をおかけしてしまった。本人主体でないと色々な点で本当にやりにくいのだろうと思う。

バイト

息子は1日からバイトに行っている。まぁまぁの時給の所なので遣り甲斐はあるみたい。気分的に凄く楽になった。

妊娠

娘はおそらく妊娠しているみたい。尿検査では陽性。まだ超音波ではぎりぎり映る段階ではなかったようで確認出来なかったらしい。来週にはわかると思う。結婚より妊娠の方が早くなってしまったのでこれから忙しくなりそう。早速本を買ってきて見ていた。私もお婆ちゃんになれるかもと嬉しくなる。指はステロイドを使わずに頑張ってこられて良かった。お腹に毎日手を置くだけ(愉気)で楽に出産出来たケースもあるみたいだよと昔読んだ記事を思い出し教えておいた。

マラソン⑥

娘はここの所体がだるかったり、微熱があったりしていたようでジョギングは休んでいる。もしかしたらおめでたかも知れない。指は随分綺麗になってきている。
sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる