FC2ブログ

皮膚病

仙骨辺りの皮膚炎の範囲が広くなって酷くなってきた。掻くとヒリヒリして痛痒い。もしかすると痒疹ではなく乾癬かも。乾癬の薬を皮膚科で処方された事が1度だけある。脱ステしてもう4年位になるし漢方に力を入れている皮膚科で漢方薬を3年飲んでいるにも関わらずやはり身体は正直であるようだ。ヒーラー先生にまたお願いしようかなと思っているけれどあれこれお願いばかりで少し気がひける。

体験会

来年気功の体験会にでも参加しようかなと申し込みをした。基本的な事を何も知らないで始めたので勉強になると思う。整膚の体験会も参加してみたいと思っているけれどこれはまだ迷っている。

整体

整体に行く時ぼっとして地下鉄に乗っていた。降りる駅ではっと気付いて瞬間移動的に降りたら腰がギクゥとなった。整体後もやや違和感があったけれど時間が経つにつれ良くなってきた。普通なら徐々に痛くなっていたのだろうけれど助かった。風邪の咳も治まってきた。

痒疹?

仙骨の湿疹らしきものは最初ヘルペスかもと言われ、次の診断では乾燥性の湿疹かもと言われ、次の診断ではあまり治りにくいようなら一度カビの検査をしましょうかと皮膚科で言われた。今日整体に行ったのでその事を伝えたら見てもいない患部をおそらくそのどれでもないでしょうと言われた。ここ数年間施術して頂いているので多分何なのか推測出来ているのかも知れない。ネットを見ていたら脱ステした後痒疹が出来る人もいるそう。以前痒疹と診断された事があるので痒疹かなとも思う。生後まもなく酷い湿疹になったようだから相当アレルギー体質が強いのかも。

感謝

今年も残り少なくなってきた。今年も元気に生きられた事に感謝している。父の事だけでなく私もまだ元気に生きている。凄い事だと感謝している。最近ではまだまだ生きられるのではないかと思うようになってきている。息子も調子良く働いているし運気がアップしてきたかなと思っている。

妊娠⑥

娘の来年の結婚式の事で皆それぞれ考えている事が違うのであれこれ食い違いが起きている。でも何とかまとまってきた。

湿疹

私の仙骨辺りに出来ている湿疹がなかなか治らずにいる。ちょっと自分にもヒーリングをした方がいいのかも。丁度寒い時期なので使い捨てカイロでも貼って試して見ようと思う。位置的にも貼りやすい。脱ステしてもう随分になるからもうそんなには悪化はしないと思うけれど。しかしまだまだ何処か悪い証拠なのかも知れない。

通院日

今日は父の通院日だったので実家へ寄って来た。腫瘍マーカーは先回に引き続き少し上がっていた。マーカーは上がっていたものの父は相変わらず元気で生きていられる事に大満足している。町内の男の人の中では一番の長寿らしい。つきがあると言っている。夜寝る前にたまに胸焼けがある程度らしい。手術後の傷跡が痛む人もいるという話になって父は傷跡も全く痛くなく傷跡が凄く綺麗だと言いお腹を見せてくれた。切った跡はあるものの本当に綺麗だった(細いカッターの跡位)。ヒーリングが効いてくれているんだと何だか嬉しかった。ポツポツあった湿疹も引いて来たと言っていた。いつも美味しそうな食事をしている。母や姉の愛情がいっぱい詰まっているのだろうと思う。ヒーラー先生からの愛も頂く事が出来父は本当に幸せだなと感じる。

太陽

沈みかけた太陽をほんの少し見ていてその後目を閉じたら可愛い綺麗なハート型の残像がしばらく残っていた。

妊娠⑤

娘のゲップが多いのは婦人科の先生があっさり「それつわりです」との事。酷いつわりは無いので助かっている。お腹が空くと気持ちが悪くなるのも治まってきたよう。超音波画像は頭と体、手足が見え娘が可愛いと感激していた。
娘は変な夢を見る事があるらしく、今日の夢は胎教に悪そうなどと言っている。娘は夢は無意識の心象を表すものだと思っているせいか見る夢を凄く細かく覚えている。

来週

もうすぐ父の通院日。腫瘍マーカーは少しは下がっているだろうか。抗がん剤の件は諦めたけれど出来る事なら下がっていてほしい。元気でさえいてくれればそれでいいのだけれど。癌との共生をしていてもずっと元気な人もいるのだから。しかしいくら父が高齢でも父のガンのタイプでは共生は難しいかも。
この間病院で父の肝臓の超音波の画像を頂いたので、たまにそれをみながらヒーリングしている。人が見たらやはり精神疾患かと思われそう。娘はさすが理解してくれている。

妊娠④

結婚式場や住む家を捜したりと何かと忙しそう。住む家は新築物件でほぼ決まったよう。新築祝に何か波動の良い絵とか物を買ってあげたいけれどどんなものがいいのだろうか。富士山や蓮、他にどんなものがあるのだろうか。センスのいいものね。と言っていたけれど気に入らなかったら困るし贈り物は難しい。
最近はやけにゲップが多い。妊娠と関係があるのだろうか。指の湿疹は綺麗になり落ち着いているのでストレスにならないので随分助かった。寝ている時に無意識にまだ掻く事がある程度。

バイト

息子は順調にバイトに行っている。今日からは早番になるらしい。朝起きるのが苦手な子なので本人は遅番がいいと言っている。一生懸命働いてくれる息子をみるのはとても嬉しい。

遠隔ヒーリング

姉と話していたら遠隔ヒーリングの事を知っていた。前勤めていた会社の偉いさんがボケていて暴れだすと手が付けられない状態になっていたそうで奥さんがヒーリングを依頼した事があったそう。結局は効かなかったと言っていた。ヒーリングを依頼して私の気持ちが楽になるのならいいんじゃないとの事だった。両親には私がヒーリングを依頼している事は心配するといけないから言わないねと言っていた。
遠隔ヒーリングについては写真をみてヒーリングをする事を知っているようだった。ヒーラー先生は父の写真を見た事もないし、私とも会った事がない。でも私の脳にアクセスしてくださる時はわかったりする時がある。姉にはそこまでの事は知って貰いたくないので少しほっとしている。例えば5年後にまだ父が生きていて再発転移がなくとも姉はおそらくヒーリングのお陰などとは思わないのだろうと感じた。私が整体で身体の調子がかなり良くなったけれどそれが整体のお陰とは思って貰えなかった。
どんなに頑張ってもこの世界では認められない事が多々あるのだろうと思う。それでも人の為に頑張っている人達は本当に素晴らしいと思う。
sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる