FC2ブログ

妊娠16

ようやく結婚式の二次会も終わり娘はホッとしている模様。娘は職場で今まで臨時職員として5年程働いてきた。正規職員になれるかどうかの瀬戸際で昇格出来た。これで産休や育児休暇も取れるらしく喜んでいる。感謝。

妊娠15

娘の新生活が始まってから2週間になる。正直言って楽になったなぁと感じる。よく片付いたと表現するけれどその表現を使うのがわかる気がする。娘とは話が合うので寂しくなった面もあるけれど、ヒーリング出来る時間が少し増えたのが嬉しい。メールが送らて来ていてお腹の膨らみが更に大きくなってきていた。

明らかな所見

父の検査結果を聞きに病院へ行ってきた。血液検査の用紙に先生の走り書きで「明らかな所見」と書かれてあったのでその事を質問してきたら「明らかな所見はない」と言う事だった。えっ、だったら「明らかな所見なし」までちゃんと書いてよと反論したい気分だったが先生の手前そんな事が言えるはずもない。腫瘍マーカーは高いのでガンを疑う数値のようだが画像検査では見つからなかったそう。かと言ってガンが再発していないと断言は出来ないらしい。
まぁ画像検査で見つからなければ一安心。成績はかなりいい方じゃないかなと誰も言ってくれないので自分で判断するしかない。ヒーラー先生様様。私もずっと頑張ってヒーリングしてきたつもりだけど最初の一年間位は本当に届いていたかあやしいもの。先回病院へ行った時、先生が抗がん剤の処方の目処は2年なので5月位まで待てませんかとも言っていたけれど、父が今まで通りの抗がん剤処方を望んだらしい。マーカーは高い人では1万を超える人もあるらしくそれを思うと父のマーカーはかなり低い。マーカーどうのこうのよりも寿命まで楽に生きさせてあげたい。
病院の先生には嫌われてしまっているかなとも感じざるを得ない。抗がん剤だけで良い成績ならばきっと先生は満足して褒めるのかも知れないけれど。代替療法をやってる人なんかは結構医師には内緒でなんて人が多いのだろうなぁと感じる。
食事療法、湯治位なら一般的で効果もあるだろうからこの辺なら病院の先生も理解して下さるし話易いのだろうけれど・・・

花粉症

ここ数日目が痒いし鼻もムズムズ。鼻は小学校時代からずっと365日年中鼻炎と言う感じだったので、風邪をひいた時なんかは鼻水が大量にでる。最近は鼻炎も少し良くなってきていると思っていたのだけれど。これは花粉症なのか、もしかしたら気の影響で悪い所がちょっと顔を出して来たのか良くわからない。どちらにしても血液が汚れているのかな。

物に宿る魂

ここの家に住んでからもう26年になる。使わない物が沢山たまっている。あまりいらないものを溜め込んで置くのはどうも気の観点からみてあまり良くないらしい。娘が結婚して少し物が減った機にちょっといらない物を処分しようかと思って少し片付けてみた。分別するのが大変。少しずつ片付けていこうと思っている。

ネズミ

昨日会社の湯沸室にネズミが入って来てちょっとした騒ぎになった。ネズミのせいだったのか昨日は足の辺りによく気を感じた。湯沸室は畳一帖位の狭い所で事務所の外にある。池の隣で湿気が多くかなり古いので衛生上あまりいい場所ではない。気を感じるようになってから湯沸室に入っていく度に何かを感じるようになった。前いた事務員さんが幽体離脱をした経験もあった人でその人がここ何かあるよとは言っていた。何があるのだろう。何故か今の私は恐怖を感じないので助かっている。

息子

隣の部屋で息子は楽しそうに友達とインターネットで話している。仕事はいつ見つかるのだろうとまたいつものパターン。小学校高学年の時から学校はサボりがちだった。よく私は精神疾患に陥いらなかったなと感心する。もしかしたら軽い鬱かも知れないが気功で少し楽にさせてもらっているのかもしれない。しかし同じような状況の親の心境はいかにと思ってしまう。仕事は探しているの?などと聞けばそんな事言われなくてもわかっていると反論されるのは目に見えてわかる。いっその事子供に凄く嫌われて家にいる居心地が悪ければもっと早く自立してくれたのではないかと時々思う。3年位前だったか整体の先生に相談した時、家にいたい何かがあるのかも知れないと言われ、ありがとうやごめんねと心で思ってあげて、と言われ実行した事があったがあまり続くとストレスにしかならない。私の思考が悪かったから今の状況があるのだろうと考えたりもする。あまり焦っても仕方ないと思っているもののやるせなさを感じてしまう。気は心にも作用するのだから今度再度遠隔を頼もうかと考えている。

妊娠14

娘の新生活がようやく始まった。少し寂しくなってしまったけれどそんなに遠くないし会おうと思えばいつでも会える。今日で5日目。新婚生活は楽しそう。娘婿が色々手伝ってくれているみたい。湿疹は落ち着いている気配。遠隔は何処にいてもやってあげられるから私からも時々やってあげようと思っている。お腹の中の赤ちゃんはやはり男の子のよう。

検査結果

父は食欲もあり、相変わらず元気で顔色も良い。
父の腫瘍マーカー500台は前回と変わらず高いままだった。再発を疑う数値のようだが、画像診断では影がなく再発の可能性は低いそう。病院の先生の字で書かれてあった明らかな所見の事が気にかかるし、きちんとヒーラー先生には報告したいので今度聞いてこようと思っている。私も父に付いて検査結果を最初から聞きに行けば先生も二度手間になる事はないのだけれどそんな事を言い出すものなら母が感情的になってしまう。姉には民間療法にあまりのめり込まないで、心配ですと言われてしまった。
みんな私の事を心配してくれている。友人にセッションの話をしたら今度いつあるの?とどんな物なのかを確かめようとしてくれている気配。下手に参加すると好転反応がきつく出ると困るから参加しないほうがいいよとさりげなく言っておいた。
私の保護者であるかのように気を使ってくれる事がたまに負担になってしまう事がある。
なかなか理解してもらえない世界だなとつくづく思うけれどそれだから面白いという感覚もある。そのうち同じような思考の友人も出来たらなぁと思っている。

ヒーラーの本の顔を見つめていたら一瞬片目がピカッと光ったような気がした事がある。気のせい?また見つめてももう光らない。何か通じたのだろうかと不思議な体験をした。たまたま私はこのドリームヒーラーに心の中で話かけている。

息子

最近はよく家にいるのでバイトは?と尋ねたら辞めたそう。でも今回は4ヶ月程続いた。
早く自立してほしいと切に願っている。

セッション

3回目のセッションに参加してきた。同じ顔ぶれの人が多い。セッションの時は気の音楽が流れ始めるとすぐに独り言を言い始める人が多い。私は独り事は今の所でない。セッションの時は気のマットの上で寝ているので身体は動かなかったけれど、体験会の時座って気を受けたら身体が動き泣き出した。何でも話を聞いてもらえるのが嬉しい。
娘の湿疹に何か良い化粧品をと尋ねたらオイルが良いと勧めて下さったので買ってみた。ティートリーも入っているので前々からティートリーを試してみたかった事もあり嬉しかったけれど娘が使ったら久々にヒリヒリしてしまったそう。せっかく良い物だからお風呂に数滴垂らしたり、私の化粧品として使っていこうと思っている。
私の仙骨辺の湿疹は落ち着いている。腰骨、背中、腕、足にもわずかに広がりそうな雰囲気があったけれど無くなっている。今まで続けてきた療法(水、塩、整体、漢方、氣、カキエキス、香功、玄米、ビタミンC、言霊)に加え唾と亜鉛華、アミノ酸で落ち着いている。たまに自分の寿命が心配になる事が正直あるのだけれど寿命なんてものは知らないに限ると思っている。もし天から寿命のお告を聞いたらそれこそ医者の余命宣言なんかより酷ではないかと思うのでそれだけはご勘弁をと言う感じ。死について考えるのも一つの勉強になったかなと今思っている。ガンの疑いがかかってから10年、それから度々のガン疑い。まだ元気に生かされている。
専門家以外の人はガンではなかったのだろうと考えるのは当然だと思っている。
sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる