FC2ブログ

乳腺炎

最近娘の体調があまり良くなくヒーリングに忙しい。乳腺炎がなかなか良くならず熱が出たりを繰り返している。出産後家に戻ってから喘息っぽい咳きまで出ている。ヒーラー先生が応援して下さって昨夜は熱が出なかったと喜んでいた。

息子

息子は私を母に選んで来てくれたのかも知れないから、私は息子の力になってあげなくてはと思うようになってきた。どうもバイトが長続きしない。当然お金がなく私に貸して欲しいと言ってきた。家系に似たような人がいるのでエネルギーの問題かも知れない。
本人の意思とは裏腹に仕事をさせない何かがあるのかなと感じてしまう。岩の奥に潜んでいる問題なら当然時間がかかってしまう。カルマ的要因の場合のヒーリング方法を教えて頂いた事があるのでやってあげようと思っている。
完全に引きこもっている訳でもなく、仕事を捜す気はあるし、たまに自分の部屋を掃除したりはしている。今回は自分から家事をするからと提案までしてきたので少しずつ明るい兆しが見えてきたのかも知れない。
私のカルマの解消は写経が長続きしなかったので、般若心経のマントラの部分をよく唱えている。
焦らない、焦らない。

孫という響きが嬉しくもあり、複雑な気持ちも正直あったりする。出産して娘はしばらく家にいたが今日自分の家へ戻って行った。入院していた時は母乳とミルクを混合で飲ませていたが、退院してからは母乳だけで十分いけるようになった。指の湿疹が気になっていた時ステロイドをもし沢山使っていたら母乳も心配だったかも知れないけれど、数回の使用で治まったので母乳には影響がないといいと思う。指は本当に綺麗になっているが、まだたまに湿疹がでそうになっている。その都度ヒーリングをしてあげている。
出産後はあれこれ娘にもヒーリングする事が多く、ヒーリングする時間がもっと沢山取れたらなと思ってしまう。
孫は生まれてから最初の自分のクシャミに凄くビックリしたり、初めて撫でられた時に泣き出したりと結構敏感な様子。私が抱っこしていて娘がドライヤーで髪を乾かした時、ドライヤーの音にビックリした様子で身体を動かしていた。お腹の中の様子とは全く違うのでビックリしたのかも知れない。抱っこした時なんか新生児ってこんなに動くのと思う程よく動く。自分の子供も可愛かったけれど、孫も可愛い。この子は人の為になる超能力者になったりするのかなと密かに楽しみにしている。

腫瘍マーカー

父のマーカーが1000台から1400台にまたしても上昇していた。これだけ頑張ってヒーリングしているのにと思うと少しガックリ。しかし白血球は1000上がって4600に、血小板も基準値内に上昇していた。白血球は私が2600位しかないので、父は抗がん剤を飲んでいるにもかかわらずいい成績だなと思ってしまう。
父は相変わらず元気だけれど、マーカーが1000台になってからはさすが不安を隠せない様子。病院の先生はこれ以上強い抗がん剤の処方は出来ないと言ったらしい。私は「そんな事したらすぐに死んでしまうよ」と思わず言ってしまった。先生が抗がん剤を続けるか辞めるかの提案を出して下さったようだけれど、父は続ける選択をした。私の気持ちを知らないでと少し苛立ってしまった。
母は私が父に変な事を言わないか監視状態だし、姉は一切ヒーリングを信用していないと断言するし、好きにしたらと見放したい気分にもなってしまう。次の日はさすがに父にヒーリングする気が起こらずにいた。
以前私は抗がん剤にもヒーリングしていたが最近は抗がん剤にヒーリングしていない。父は父で何かを学ばなければならないと思うから。

出産

7/1娘は安産で元気な男の子を生むことが出来た。私はおばあちゃんになれ、そして父はひいおじいちゃんになれた。朝の出産だったので前日娘は一睡も出来なかった。PM3時から陣痛が始まって1時間おきに3回、それからは一気に20〜30分感覚になり、それから10分間隔位が不規則に5時間位続いたかな。夜中の2時位から8分から5分間隔になり病院へ。私は朝の6時まで陣痛のお付き合い。それからはお婿さんだけが付き添って立会い分娩になった。出産間際には大声を張り上げてしまったそう。生まれたのは8時30分少し前。
自分の子供は滅茶可愛いと言っている。命名書は父に頼もうかと娘夫婦は言っている。

sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる