FC2ブログ

クレアチニン

会社の人のクレアチニンが少し下がって入院は免れた。しかし透析の一歩手前まできている状態のよう。目も殆ど見えないような状態で、糖尿、心臓なども悪いらしい。無断でヒーリングをしている事を少し躊躇うけれど、こんな状態の人を他っておく気にもなれない。昨日たまたまその人の写真のコピーを扱う機会があり、内緒でコピーして家に持ち帰った。

人工透析

あちこち悪くてもうすぐ透析をするかもと言う人にヒーリングをしている。父の腫瘍マーカーは上がり続けたので、全く自身がない。2、3日腎臓に重点を置いてヒーリングしてみた。透析にならないといいのだけれど。。。

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

ついてる

4、5年前だったか「ありがとう」の事を教えて頂いた事がある。「ありがとう」の本の中にはCDも付いていた。そのなかにつ「ついてる、ついてる、わたしはついてる、ありがとうございます」とあった。
わたしは本当についてる。人は私の事をそんなについてるとは思わないかも知れないけれど、自分では物凄くついてると思っている。

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

パソコン

中古のパソコンが早くも壊れてしまった。保障期間内だったので取り替えて貰えるので良かった。
次に来るのは大丈夫だといいけれど。気の影響なんて事はないと思うけれど。。。

弟子

娘が整体塾の先生から「弟子にしたいなぁ」と言われたそう。そんな事言って貰えるなんて、感激。私も娘も喜んでいる。私もヒーラー先生から嬉しいお言葉頂いた事がある。頭は良くないけれど、将来的には私も娘も人助けが出来るかも知れない。

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

マントラ

最近の私は心の中で般若心経のマントラを唱える事が多い。自然に心の中で唱えている。
少しずつ本当の自分になりつつある、そんな感じがする。


テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

スクリーンセーバー

スクリーンセーバーを写真にしてスライドショーにしてみた。画面から出る高波動を受け取れるといいな。会社のパソコンでは無数の星が流れている。

伊勢神宮

娘から伊勢神宮行きたいね、とメールが来た。近場の宿が空いてるといいけれど。

マウスパッド

中古のパソコンを買ったのでマウスパッドがついてなかった。当たり前なんだけれど。前のはほかってしまった。とり合えず清洲城のパンフレッドをマウスパッドの代わりにしたら結構使い易い。10年位前に会長から頂いたもの。本棚に眠らせておくのはもったいないので丁度良かった。当分の間これが私のマウスパッドになりそう。

シミ

今回は泥パックを買ってみた。どうかなぁ。ヒマシ油は効き目がなかったし・・・

遷宮

今年は伊勢神宮と出雲大社が遷宮(せんぐう)を迎えた年。遷宮とは社殿を建て替え、神様を旧殿から新殿に移す儀式との事。訪れる人達もたくさんいると思う。昨日スーパーで買い物をしていて、いつもは本の所は素通りするのだけれど、何故かそこで立ち止まった。
「伊勢と出雲」森の清流の癒しの音CDが付いている本があったので買ってみた。もちろん音だけで癒されるけれど、私はそれに付け加え画像を思い浮かべながら聞いてみた。もちろんそこへ行くのがベストなのだろうけれど、意識がそこにあればそこにいる事になると思う。音を流しているだけで部屋まで浄化されるそう。
いつの日にか訪れてみたいと思う。

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

くるみ

今回はクルミ入りの玄米コーヒーパンを作ってみた。スイッチを押してスタートさせ約1時間後にナッツなどを入れる「投入お知らせ時間」があるのだけれど、その時クルミを入れ乾燥剤まで一緒に入れてしまって慌てて取り出そうとしたけれど、かくはん状態で取り出せず、スイッチを切ってしまったら途中からはもう出来ない状態になり、結局オーブンで発酵し焼くはめになってしまった。おいしいパンが出来上がった。クルミは脳に類似していて、脳にいいらしい。手の中でクルミを2、3個握って揉んでいると、脳が活性化するともいう。ボケ防止に気とクルミってのもいいかも知れない。

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

終戦の日

引き出しの中を整理していたら父の直筆で書かれた文章が出てきた。
何だろうと読んでみたら娘の作文を父が手伝っていたようだ。
以下がその原文なので書き写してみた。

「私の祖父は大正13年生まれで75歳ですがとても元気です。祖父は昭和20年3月樺太の軍隊に入隊しました。
(樺太とは現在のロシア領のサハリンの事です。戦前はサハリンの北緯50度から南は日本の領土でした) 
20年8月終戦になりましたが、樺太ではそれからソ連軍(現在のロシア軍)が北緯50度から南下して日本軍を攻めてきて戦争になりました。9月に日本軍が降伏してソ連軍の捕虜になり、シベリアに船で連れられて行きました。
シベリアの冬は零下40度ぐらいまで下がり、その厳寒の中で鉄道の敷設や森林の伐採などの重労働を強制させられました。
食料不足で栄養失調になり、また寒さと体力の減退で肺炎などにかかり、何万人もの日本兵が死亡したそうです。
祖父は幸い命をとりとめて、昭和23年5月ナオトカから舞鶴に復員して来ました。祖父は6ヶ月間軍隊にいて、3年間捕虜になり、運が良かったのか悪かったのかわからないが、戦争はもうこりごりだと言っております。」

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

太陽

朝ゴミを出しに行った。いつもならそのまま出勤になるけれど今は休みなので家に引き返そうとした。太陽を見たらもうすでに眩しい太陽が出ている。それなのに全く眩しさは感じなく、太陽は白、透明に近い感じで、周りがクルクルしていてさらに太陽の周りはピンク色でとても綺麗でしばらく見とれていた。

対面ヒーリング

息子が腕が痛いというので対面ヒーリングを20~30分した。息子はソファに寝転んで腕を出していた。私は息子の腕を両手で挟んで動かさずそのままヒーリングしていた。スッーと滑り落ちていく感覚があるらしく私が手を動かしていない事にビックリしていた。おじいちゃんの味わった感覚がわかると言った。腕を動かしてみて少し良くなったと言っていた。

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

ホームベーカリー

早速パン焼きを買ってきて手作りのパンを作ってみた。玄米コーヒーも入れてヘルシー食パンの出来上がり。
なかなか良い出来栄えで満足。材料を入れて後はスイッチを押すだけなのでものぐさな私でも出来た。

初盆

明日からお盆休み。明日は父の初盆なので法要がある。

パソコン

パソコンが壊れた。10年以上使っていて最近電源が勝手に切れるのでそろそろ寿命かなと思っていたら案の定。
中古のパソコンをオーダーした。パソコンを片付けだしたら、いたる所の誇りが目について早速掃除にとりかかった。引き出しの中の整理整頓なんかやりだすときりなくやることが出てくる。掃除三昧の日になった。掃除した後はすがすがしい気分になった。素晴らしい宇宙エネルギーがまた入ってきそう。

掃除

娘が何かにとりつかれているかのように掃除(整理整頓)したくて朝から晩まで掃除していたとメールしてきた。
気の影響なのか、確かに掃除をしたい感覚になって掃除をしだした経験が私もしばしばある。ついこの間ではオーソンさんの写真を写真立てに入れた日、まるで動かされているかのように掃除をした覚えがある。ヒーリング依頼したその日に息子が部屋の掃除をしていた事もあった。

足指ピコピコ

仰向けの状態で足指をピコピコ動かすと相当量歩いた事に匹敵するとか。経絡を伝って色々な所を刺激するし、運動不足解消には良さそう。

スプーン曲げ

娘は塾でこの間お遊びみたいな事を少ししてきたらしい。タロットやスプーン曲げ。さすが先生はくねくねとよくスプーンが曲がるらしい。娘が家で練習していて捻るのが難しくスプーンを折ってしまったらしい。雲消しは私も出来るけれどスプーン曲げは娘の方が凄い。

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

パン

昔はよくトーストにマーガリンをつけて食べていた。マーガリンが良くない事を知ってからはバターに変えてみたけれど、ショートニング、乳化剤等色々気にかかるとどんなパンを買ったらよいか迷ってしまう。乳化剤などあれこれ入っていて避けるのはちょっと無理と思って妥協してついつい買ってしまう。やはりパン焼きでも買って自分でお好みの材料を入れて作るのがベストなんだろうな。

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

寝坊

ライブを見に行った翌日息子は寝坊して仕事へ行かなかった。案の定という結果になってしまった。でも今日は仕事へ行った。もうすぐ今の仕事は終了する。もう心配しなくても仕事捜す気もやる気もあるから大丈夫。徐々にいい方向に向かっている。

整体

娘に少し整体(入塾しているので)してもらった。凄い、整体師みたいって感心してしまった。野口整体も取り入れている所で腕が上がれば頼りになりそう。
お母さん骨が出てて分かり易いと言っていた。

ガンは消えるもの

8月は私にとって思い出深い月で今月で末期ガンを宣告されてから11年になる。もちろん末期ガンは誤診と言う事になったけれど、身体の状態は相当悪かったのだろうと思う。
かかりつけの医者からは「それは長年の医師の勘じゃないですか」とか言われたり、検査入院した病院の検査技師さんは、数週間前の画像と見比べて「まるで別人のようだ」とビックリしていた事もあった。
退院時「取り敢えずいいでしょう」と直ぐに私が戻ってくるでしょうと言う雰囲気があった。別の先生からは「5年は大丈夫でしょう」と医師の勘をズバっと言われたりした。数年後私がまだガンになってないと知った先生は「まだガンじゃないのですか」とビックリして思わず言ってしまった先生もいる。誰もがガンの可能性があったと心の中で思ったのかもしれない。そして私が一番感じていた。整体の先生にも「あなたを治してあげられませんよ、手助けはしますが」と心のこもった言葉で言われた事があった。不思議な感じと言う方もいる。
それぞれにプロの方達の見解は鋭かったと思わざるを得ない。
乳がん疑いの時など「数週間もほかって置くものではない」とまで言われた。整体(ヒーリング込みだと思う)を受けみるみる小さくなって結局はガンでなかった事になったけれど、どうかなと思う。
そんな体験から今調子よく生かされている事に本当に感謝している。
「ガンは消えるもの」そんな感じがしてならない。
sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる