FC2ブログ

宇宙人

昨日は工場の休憩中に宇宙的話題になった。1人の人が見えないものを信じるようになったという。私は霊感能力は全くないので見えないものの存在はまるっきりわからない。
それから話が発展して宇宙人もいるような気がすると言い出した。私もそれは絶対いるよ、と言うと他の人がおどおどしい宇宙人的イメージをしたのか、そんなのがいたらとっくに地球を征服しているとか言い出した。一般の人に植え付けられているイメージの宇宙人はグレイ系の恐ろしいものであるんだなぁと思った。
私はアダムスキー関連の記事を時々読む事もあるし、オーソンさんの写真を家に飾っている。
私達を助けて下さっている宇宙人もいるんだよと言いたかった。
家に帰ってから再びアダムスキーをパソコンの壁紙に設定した。

退職

娘は今年いっぱいで仕事を辞める選択をした。しばらくは専業主婦と育児に追われる事になると思う。アトピーが最近また悪化しているので娘の師匠に遠隔での治療をして頂いている。何とか早く良くなってくれるといいのだけれど。
来年からは娘と孫ともっと触れ合う時間が増えそう。娘と私は今はスピリチュアルな面で凄く気が合い何かとお互いにプラスになっている気がする。

仕事

息子のバイト先が決まり今回は結構息子に合っているようで長続き出来るかもしれない。

駅の改札で切符をもっている夢をみた。
自分で買ったのか、もらったのかよくわからないが握っている手を開けてみると切符だった。
そこで目が覚めた。 

肝臓ガン

昨日は神経痛のリピーターさん(Yさん)の施術日だった。肝臓の影が気になっていたので、どうでしたか?と尋ねると肝臓がんで10センチ程の大きな腫瘍と小さな腫瘍が散らばっている、既に手術はできない程になっている、余命は半年と告知されたの事。
生きる事にあまりこだわっていなく、どうでもいいっていうのが強がっているのではなく本音と言った感じだ。神経痛を抱えたまま痛みと一緒に生きる事にはもうこりごりしているのだろう。
話しをしているだけで、ヒューと息を吐きどことなく苦しそうな雰囲気になる。
ガンになってても全く不思議ではないな、と思っていたもののそこまで進行しているとは夢にも思わなかった。
ご自分を愛してあげて下さい、鏡を見ながら「治った」とニコニコ顔で言って下さいと提案してみた。
ガンは消えるもの、そう本人が思い込むのも切な事かと思う。
自然を満喫できるような所へ旦那さんと一緒に旅行へ行くのもいいんじゃないですか、とも提案した。
施術が終わり帰られる時、玄関を開けたら初雪が降っていた。Yさんに幸運が降り注ぐ事を天が応援していて下さる、そんな気分がした。
sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる