FC2ブログ

骨折

職場の女性はあと1ヶ月程かかるそう。
昔にも転んで骨折しているようで、以前は3ヶ月程かかったそう。
少しでも辛い期間が短縮できればいいと思う。

ボランティア

昨日はボランティアの日だった。久しぶりに車椅子の方が見えていた。
入院ばかりしていて体調不良だったとの事。気功の事を少し話してきた。もし体験だけでも受けてもいいと思ったら施設長に言って下さいね、とお願いしておいた。
「何とも頼りない私なので誰も寄ってきてくれないんですよ」と言ったら笑っていた。

北斗晶さん

北斗晶さんが乳がんの手術を受けた事を知った。どうやらリンパ節転移しているよう。
「気」の力も取り入れるといいかも知れないと恐れ多くもブログにコメントさせて頂いた。

8年程前私は乳がんの疑いがもたれた事があった。その数年前に末期がんの疑いをもたれた事があり結局誤診に終わったので、また私を脅かしていい加減にしてほしいと思っていた。
だから乳がん疑いがもたれた時、詳しい検査結果を聞きにいかなかった。ちょうどその時期息子がその病院で入院した。廊下で息子を待っていた時、私の担当医とあった。
私の状態を2週間も3週間もほおっておくものではないからと、検査(針生検)が嫌ならば説明だけでもいいのでとにかくいらして下さいと言う事だった。
その担当医が末期がんと誤診した病院の名前と同じ苗字、というくだらない理由で行きたくなかったので説明を聞きにいかなかった。
それで別の大きな病院へ行きまた検査を受けた。その時はマンモグラフィだけはしぶしぶ受けた。
しこりは触ってわかるし、チクチク痛みもあったがマンモグラフィには写ってなかった。
位置によって写らない事もあるらしい。結局疑いだけだったと思った。
そしたらその病院から今度は呼び出しがあって、やはり癌の可能性があるとの事で、学会でも問題になったそうでとにかくもう一度いらして下さいという事だった。
私はその時整体(宇宙と繋がっている)で治療を受けた。その後に病院に行った時には9ミリのしこりは明らかに小さくなっていた。そして脇の辺りを何度もエコーでなぞりながらおかしいなと看護師さんと顔を合わせていた。
針生検を再度勧められ嫌だったがしぶしぶこの時点でうけた。
結果はきちんとてとれてなかったかもしれないという事で陰性になった。
そして半年後の検査ではしこりは綺麗になくなっていた。
ずっと寝る前に「ありがとう」と唱えながら手を当てていたのも良かったのかも知れない。
結局はこれも癌だったのかどうかは定かではない。でもその痛みが癌の痛みであったとうすうす自分では気づいていた。
その後数年間は私はあと何年も生きられないかもしれないという、不安とは少し違う、漠然と体が感じるものがあった。今はその感覚はもうなく、今でも生かされている。
自然と触れ合ったのが一番良かったような気がしている。「気」も自然の力。
病院は「気」も一緒に取り入れてみる時代が来てもいいのにと思ってしまう。

骨折

職場の女性の足の具合は少し良くなってきたらしい。
「もう少し気功(ヒーリング)しておいた方がいいと思うから続けていい?」と言うと、どうも意味が通じない、「いいよ、でもどこで?」とかの返事が返ってきた。
かなり説明不足だったようだ。
で、ポカポカと熱くなってきたとか、ピリピリ、ジンジンなど何か感じた?と聞いた。表現は難しいけれどくすぐったさのようなものを感じたらしい。何だろう?と不思議だったそう。
「そうなんだ、ありがとう」とやっと理解がしてもらえ少し継続する事も承知して下さった。

タイトルの変更

ブログのタイトルを「ヒーリング入門」から「遠隔ヒーリングの葉子」に変更しました。
もう少し読みやすいようにカテゴリ別にできたらとも考えています。

骨折

ヒーリング依頼はいっこうに入る気配がない。

でも職場の女性からヒーリングしてもOKの返事を頂いた。自転車で転んで骨折したそう。
時間が経てば治るものだし、私は自分の肩ですら治せない。ほかっておこうと思っていたら、宇宙から?お叱りを受けた気がしたので頑張って声かけしてみた。
回復が早ければ皆から良い印象が得られて知名度が少しは上がるのではないかと企んでいるけれど、そんなにうまくいくかどうか・・・
ヒーリングをし終えたら一気に頭が重くなった。これはいつもの事ですぐに治まってくる。

私の肩はヒーリングして頂いて、だるさが解消した。でも腕はまだ上がらない。
夜間痛が完全に治まれば大分楽になると思う。

五十肩

自分で自分を癒すのが難しいからなのか、それとも全く実力がないのか、五十肩が治っていく気配は全くない。両腕とも「前にならえ」の状態より上に上がらない。
私が以前通っていた整体ですら五十肩は苦手な分野であるよう。
夜間痛は少しは良くなってきたものの、腕のだるさも加わりこれが数ヶ月から1、2年も続くと思うと嫌になる。もしかした五十肩でない可能性もある。
気がひけたけれどヒーラー先生に少し応援して頂く事にした。

デイサービス

昨日はボランティアの日だった。
少し前に施設長に気功を受けたい方がいましたら是非お願いしますと声掛けしておいた。
私と相性のあう人に恐らく声掛けして下さったのか、その方達が今までの雰囲気と少し違っている。
なんとなく私を避けようとしている方もみえるし来なくなってしまった方もいる。
昨日また施設長に誰かいませんか?と尋ねてみたけれど、「うーん」と困ったようすで、「僕はどうですか」と苦し紛れに返答。
ヒーラー先生のブログでも一度覗いてみて下さいとお話してきた。
私のヒーリング方法はヒーラー先生から学んだものが多く、もし気に入って下さればまた誰かに声掛けしてくださるかもしれないと密かに期待している。
sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる