FC2ブログ

検査結果

父に癌が見つかったのは去年の4月。その時点で胃の3分の2が癌に侵されていた。胃全摘、胆のうも切除、手術をしたのが5月。手術後の病理の所見では既にリンパ節転移4ヶ所ありⅢa期だった。8月からヒーリングを依頼した。今年2月に画像検査。肝臓に影があると言うことで4月に再検査。影が見づらくなっていた。転移はなかった。今月(11月)再び検査。転移はなかった。しかし父が言うには「肝臓がどうのこうのと、でも問題はなさそうだ」との曖昧な返答。腫瘍マーカー(少し高め)の所にウルソと記載されていた。4月の時も汁がどうのこうのと言っていたので胆汁の流れが良くないのかもしれない。4月の時点で肝臓を中心にヒーリングして頂くようにお願いすれば良かったと思っている。しかし転移がなく元気でいられる事に本当に感謝している。抗がん剤はまた出されてしまった。少し父に文句を言ってきた。本人は「抗がん剤を飲んでも何ともないから」と言うけれど。何ともなければ良いと言うものじゃなくてこっちの苦労も分かってほしいと言いたい所だけれど。ヒーラー先生にはご迷惑をおかけしてしまった。本人主体でないと色々な点で本当にやりにくいのだろうと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる