FC2ブログ

再発

父は便秘だと言っていたけれど、調子が悪くなり病院へ行ったら直腸の狭窄でその辺りにガンがあるとの事。今は入院している。肝臓や肺などへの転移はなかった。詳しい検査後拡張術するか人口肛門ということになるよう。ヒーリングで良くなるかも知れないから待ってと言えない所が辛い所。家族はもう2年以上も生きさせて貰ったのだから本当に感謝していると落ち込んでいる様子もなかった。
父も落ち込んだ様子は全くなく病院で数読したり点滴を持ちながら散歩したりと楽しそうにしているそう。気の影響は大かなと思う。
父が入院すると食事の支度がかなり楽になる様子。父は沢山は食べないけれど品目を沢山食べるので介護が大変と母は漏らしている。
ガンになったら本当は除去していく事を考えた方がいいのではないかと思う。誰かが話をしているのを聞いていたら、玄米、味噌汁、梅干を与えていればいいからガンになってからは食事の支度が凄く楽と聞いた事がある。本人は味気ないから不満かもしれないけれど食事の支度が面倒ならこんな方法もいいのかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる