FC2ブログ

退院後

先日の台風の日には私の家に父、母、姉が避難しに来た。退院後は父の調子があまり良くないらしくお腹、腰の辺りが不調だと言っていた。歩き方もやっと歩いているといった感じだった。術後なんだから当たり前といえば当たり前。数読も最近はすぐにギブアップでここの所やっていないそう。三食以外にも間食してばかりいるらしいので母が怒っていた。もう少し甘い物をコントロール出来るようになるといいのだけれど。最近は寝てばかりいるらしい。
あれこれ話をしながらずっと父にヒーリングしていた。すぐ近くでヒーリングをするのは始めてだった。8時間位家にいたけれど寝に行ったのはほんの数十分だけで今日はかなり調子が良かったみたい。ヒーリングで元気が出たのかな?と自己満足。すると母は今日は父はあまり食べていないから調子がいいと言っていたけれど。
父はストマをつけたので障害者認定を受けたらしい。介護認定は要介護ではなく要支援だそう。スキルス胃ガンの手術後2年以上にもなるのに凄いなと感じる。
翌日は通院日だったけれど血液検査はなかったらしい。抗がん剤はもう効き目がないので出なかったとの事。やっと抗がん剤から開放されたと私の心は晴れ晴れ。遠隔転移(骨転移)があると言う事はすでにステージではⅣ辺りなのかな?また今度私一人で病院へ行って先生の説明を聞いてこようと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる