FC2ブログ

1月4日

先生から今日か明日まででしょうとの宣告があった。睡眠薬の提案をしたら死期を早めるとは言われたらしいけれど睡眠薬も入れて貰う事にした。
ヒーラー先生には今までのお礼をいい、余命が告げられた事を伝えた。最後までヒーリングを続けて下さるとおっしゃって下さった。夕方7時位に病院は行ったら大分楽になったと言っていた。この日の夜は母が付き添った。睡眠薬で3時間程寝られ、その後は5分程寝てはむくっと起き上がって付き添いのベッドへ行っては寝たり、場所を移動していたそうだけれど大分楽になって苦しまなかったらしい。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる