FC2ブログ

1月6日

昨夜は息子が付き添った。睡眠薬、ステロイドで1時間半位は寝れたようだけれど、後は5分寝ては起きるの繰り返しで吐き気、胸の辺り苦しさが続いている。トイレもフラフラで支えてあげないとダメで便器の中に出来なかったらしい。起きるとうつろな状態で場所を必ず移動したがるので介護も大変だった様子。痛みはパッチ、座薬で治まっているようで痛みはなかったそう。息子には気を使うみたいで「寝てていいから」と言っていたそうだけれど、そんな状態なので全く寝る事は出来なかったらしい。
朝から昼までは母の介護の番でこの状態の継続だった。母の目が赤くなっていた。昼頃丁度親戚の叔父さん、叔母さんが来ていた時は床に転がって寝ている時だった。気がついているようだったけれど父は話す事は出来なかった。皆が帰った後私の番になったら父は直ぐにまとまった時間寝る事が出来るようになってきた。ヒーリングは出来ないと思っていたけれど、1時〜7時までに5、6回しか起きなかったのでヒーリングする時間がたっぷりあった。親戚の人と母の友人が来た時、この時の父はビックリする位の笑顔を見せ、まともに話が5〜10分程出来たのでビックリしてしまった。
起きる度に苦しいから看護師さんに薬を持って来てもらってくれ、とか吐いたりする。痛みもありパッチはいまだ最高量になっている。血圧、酸素量、体温はいいそう。夕方は少し熱が上がっていて7、5°になっていた。
今日の夜は姉が付き添うと言っていたけれど、母が付き添う事になった。帰りに姉が母を気遣ってこれだけ寝れるなら看護師さんに頼んだらと言っていたので、そうする事に決まって帰ろうとすると父が気配を察したのか起き上がって、いてほしいと言う。結局母が付き添う事になった。母は80を過ぎているので介護するには大変な年である。看護師さんは皆母にも気遣って下さっていて寝てていいからと言って下さるよう。
死ぬ間際までどんな状態でも耳は聞こえているからと看護師さんに言われたそうだけれど、気持ち良さそうに父が寝ていると母がこんな状態でスーっとあの世に行ってくれたらいいのにと言っている。父は父で母よりも早く逝かないと母に申し訳ないと思っている。
父は「お前と結婚して良かった」と言っていたそう。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる