FC2ブログ

1月19日

何とか調子を保っているよう。酸素マスクは自分ですぐに外してしまうので何度も口に当てるようにしている。布団も直ぐに蹴る元気?と言うか、不思議な感じがする。また持ち直してくれるのでは期待してしまう。
去年の8月以来画像検査はしていない。腫瘍マーカーの高さと直腸辺りの肥厚している部分にガンがあるのではとの事で再発転移と言う事だった。組織診ではガンは確定されていない。粘膜に顔を出していないガンは取りきれない事もあるらしい。死後にCT検査が出来るのか看護師さんにちらっと聞いて見たらこの病院ではやっていないとの事だった。
ずっと気を送っているからそれ以外の所にガンが新たに出来ているのかも気になってしまうが今の状態では検査は出来ないだろうから分からずじまいになってしまうかも。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる