FC2ブログ

本、CD

昨日は整体へ行ってきた。一ヶ月に一度のペースで今もメンテナンスして頂いている。以前は親子で整体をしていた所で今は息子さん一人で経営している。私は二人に大変お世話になっている。息子先生が母親先生から私に、と預かったようで本とCDを頂けた。私が大変尊敬している先生なので嬉しさもひとしお。本(漫画)は臨死体験の様子が詳しく書かれていた。CDは励ましのCDだった。
息子がバイトを辞めてまた1ヶ月以上たつので、私のストレスも大分溜まってきている。
職捜しは一生懸命しているし、完全にニートではないのでニートの親から見ればいい方なのだろう。けども何年もこの状態を繰り返すのはいい加減にさよならしたい。
すごくやりきれない気持ちになる時がある。こんな親の気持ちを息子は少しでもわかってくれているのだろうか。
臨死体験の時、全人生の回想が起こるという。
死後に人生をかえりみるとき、私たちは自分が他者に対して行ったあらゆることを、「相手の立場になって追体験する」と言われる。
その時息子は私の気持ちを自分自身で体験する事になるのだろう。
そして私は今まで傷つけてしまった人の気持ちを体験しなければならないのだろう。
そう言えば父が死ぬ数週間前、画面が突然現れて映像が見えると言っていたが、それは臨死体験をしたのだろうか。
昨日はCDを聞いて寝た。潜在意識のなかに刻印したい内容のCDだった。必要な時に必要なものが得られるように私にはまさに今そのCDを聞く時期だったのではないかと思うような内容だった。



テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる