FC2ブログ

シンクロニシティ

シンクロニシティは、「意味ある偶然の一致」とある。
気にすると実に多くのシンクロニシティが起きている。
今日もチラシ配りを少しした。集合住宅にポスティングし終わって道路に出たら、向かえ側に公園があり、杖をついた若い女性が歩きくそうに歩いていて、公園に腰を下ろした。痛みなら助けてあげられるかもしれないと思い、チラシを見せながら声をかけた。「リウマチで治るような病気ではないから」と言うので、よそでリウマチでもリウマチではないようだと自覚するまでに良くなった人の例もあげて絶対に諦めないでと言ってきた。無料で気を送らせてもらえないかと言ったら「無料なら」という事で話を色々しながら膝にヒーリングをして差し上げた。

後で考えてみるとこれはシンクロニシティが起きたのだと思う。その人が数秒前に公園に到着し腰掛けていれば私は話しかける事はなかった。
家に帰る時のエレベーターでは知人の旦那さんが「気功、始めたんだって?腰痛もいいの?」と声をかけて下さった。整形外科に通っているそうなので、家にも是非いらして下さいとお願いしておいた。

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ありえないようなシンクロにシティーってありますよね。以前、昔の友人のことを考えながら、ブックオフでブラブラしながら、ある本を手に取りパラパラめくっていると、その友人が書いた記事があってびっくりしました。確率的に偶然ではありえないような感じです・・・

Re: No title

コメントありがとうございます。
面白いですね。宇宙と交信しているからそのような事が起こるのでしょうか?そう考えると宇宙と繋がりやすい状態にしておく事はとても大切なような気がします。
sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる