FC2ブログ

親戚の人

昨日親戚の家へ行ってきた。叔母さんに以前整体を勧めた事があるので様子を見たかったし、叔父さんはずっと前から肝臓がんを患っている。叔母さんは寝ていたようで這って出てきた。でも杖をつけば結構歩けるらしい。1回だけ整体に行ってくれたようだったけれどそれからは行ってないようだった。死にたいと漏らしたりする事もたまにはあるそうで叔父さんがそんな事は言うものではないと叱っていた。叔父さんはもう末期の肝臓がんだと言っていた。新薬の抗がん剤を繰り返し、幾度ともう駄目という所までいってもまだ生き延びていると言っていた。叔父さんにとっては病院様様のようだ。叔父さんと叔母さんに気を送らせてもらえないかと提案したのだけれど案の定そういうものは信じていないらしい。提案したものの断られてほっとしている面もある。気を送ってあげる時間を作るのは今の私には大変なものがあし、まだ初心者もいい所。それにしても葉子さんは変わったものにはまっていると思われたのが落ちかも知れない(苦笑)

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる