FC2ブログ

依頼無し

3日間の無料遠隔ヒーリングの依頼は入らなかった。世の中右を向いても左を向いても病人ばかりがいるのにこれはいったいどういう事なのだろう。
私に言わせれば、益あって害なしの素晴らしい療法でしかないのに・・・。はやり信用問題という事になるのだろうか。
何にでも気軽に近寄らない賢さからきているのだろう。
五十肩は相変わらず不調で最近は肩の酷使を避ける為、少し仕事を休んでいる。
頑張って90度位までしか上がらない。
整体はその場での可動域が良くなるけれど、完治まで整体へ行こうと思うとお金がついていかない。
ヒーラー先生からヒーリングを受けた時は可動域は変わらなかったものの、肩の痛みもすべて忘れて動き回れる不思議さがあった。
これはある意味、もし自分が酷い病気と知らずヒーリングを受けた場合、自分は健康だと勘違いする恐れが十分ある。
最近は血液検査もしていないし、一度受けた方がいいのかもしれない。
以前通って下さったYさんは母親の病院の付き添いで病院へ行った時、ついでだからと思い、血液検査を受け数値にビックリしたと言っていた。そこまでになるまでほっておけた事を病院の先生は驚いていたらしい。
レントゲンで酷い画像の人がスタスタ歩けたりするのは、もしかしたらこういった宇宙からのエネルギーが関与しているのかなぁとも思う。

↓↓↓ 応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる