ブログ

久しぶりに以前読んでいた人のブログを読んでみた。
『人生の午後』 を書いていたスキルス胃がんの女性のブログ。
私はブログ主の生き方の素晴らしさや、その方の放っている波動的なものに感動を覚えた。
ブログを読み始めてから、ヒーリングの提案をした事はあるが、彼女自身が恐らく根っからのヒーラーであり、そしてその旦那さんもまさしくそういう人なのだろうと感じた。
彼女が亡くなる2ヶ月程前に夢についてのブログが書かれてあった。

『あなたに私の気持ちが分かるわけないでしょ。私はもうすぐ歩けなくなるのよ!
そう叫んだ自分の感情の爆発で目が覚めた。
私は涙を流していた。
夢の中の自分が発した言葉に私自身が驚いて、しばらくその言葉を反芻していた。
たしか……夢の中で私は何かをしようとしていた…それをやめるように言われて発した言葉だったような気がする。
夢の他の部分はすっぽり記憶から抜け落ちてしまっている。・・・・・』

もしかしたら心の片隅に応援を頼む事を僅かでも気にかけていてくれたのかも知れない。しかし、それは周りの人との調和を考える時、到底できない事だと最初からわかっていたのだろう。
彼女の選択は間違っていなかったと思う。

昨日は私の夢の中に小さな男の子が現れた。それが生まれ変わった彼女だったような気がした。生きていたら彼女は私に何と言うのだろうか。

話は変わるけれど、最近私はビートルズの
Get back, get back. Get back to where you once belonged
のその部分だけが不思議と浮かんでくる。

応援よろしくお願いします

人気ブログランキング


コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

葉子

Author:葉子
1959年生まれ、名古屋市在住

父(86才)に遠隔ヒーリングを依頼したのをきっかけに自分からも父に遠隔ヒーリングをするようになる。88才で他界。術後の経過は辛い症状もあったものの比較的良かったように思います。
私自身がまだ生かされている事、そして毎日毎日父に遠隔ヒーリングしていたので他の人の役にも立ちたいと思うようになり現在に至っています。
力になれるかどうかはわかりませんが、ご依頼頂ければ心を込めて遠隔ヒーリングさせて頂きます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカウンターsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる